Dressmore

Blog

格式と伝統美で彩る和装コーディネート

2020.12.24

いつもDressmoreのブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

 

本日は姫路店より、今お色直しとして注目度の高い引き振袖をご紹介致します。

 

引き振袖とは、江戸時代から伝わる花嫁の正式な婚礼衣裳であり他に”本振袖”や”お引きずり”と呼ばれています。

色打掛と比べるとシルエットがスッキリとしている為スタイルアップの効果も高く、女性ならではの凛とした印象に。

また、和装はドレス以上に小物遣いで印象を大きく変えていただるので、自分らしいコーディネートも楽しんでいただけます。

 

 

本日のコーディネートは白地を基調とした淡いカラーの引き振袖に刺繍の入ったパープルの半衿を合わせました。

モダンな雰囲気の中にも古き良き時代を感じさせてくれます。

 

 

引き振袖の一番の特徴として華やかな飾り帯が見えるため、帯の柄や色味・結び方など細部にまでこだわっていただけます。

また、引き振袖は披露宴だけでなく挙式にも着用していただるのでシーンに合わせてコーディネートいただいても素敵です。

そして引き振袖は色打掛と比べると、軽い着心地ですっきりとしたシルエットのため身動きも取りやすく、ゲストの皆様と近い距離で一日を過ごされたい花嫁様にもお勧めです。

 

格式と伝統ある和装での挙式をお考えの方や、ドレスか和装でお迷いの方はぜひ一度ご相談下さい。

衣装に関するご質問や試着のご予約は、ホームページReservation、またはお近くの店舗へお問い合わせ下さいませ。

皆様のご来店、スタッフ一同お待ちしております。

 

Dressmore Himeji(ドレスモア姫路)

Dress Coordinator Egusa