Dressmore

Blog

WeddingItemに込められた想い

2021.02.23

いつもDressmore(ドレスモア)のBlogをご覧頂き誠にありがとうございます。

 

本日は、姫路店より挙式に必要とされているウェディングアイテム『グローブ』と『ベール』の意味合いについてご紹介させていただきます。

それぞれの意味合いを知っていただき、小物にも“自分らしさ”を取り入れたこだわりのコーディネートをぜひお楽しみください!

 

【Glove(グローブ)】

ご結婚前の花嫁は、”無垢を表す”という意味合いがありグローブはそんな無垢な花嫁を守り、清めるためのものとされています。

また指輪交換の際に、花嫁がグローブを外す行為は“今からあなたのものになります”といった花嫁から花婿へ誓いの意味が込められているそうです。

そんな特別な想いの込ったグローブは素材、カラー、長さなどドレスとのバランスがとても重要になります。お迷いの方はぜひコーディネーターにご相談ください。

 

 

【Veil(ヴェール)】

花嫁を柔らかく包み込むベールは母親から受ける愛情の象徴とも言われており、花婿に身を預けるその日まで娘を守り通したいという愛の証です。そんな深い意味合いを持つベールを使ったセレモニーが今注目を集めています。

 

*ベールダウン(顔を覆うフェイスベールを、挙式直前に新婦の母親や大切な方におろしてもらうセレモニー)

ベールをおろして花嫁の顔を隠すことによって、花嫁を清め邪悪なものから身を守ってくれると考えられています。また花嫁の幸せを願い、今までお世話になった方から最後の身支度としてベールをおろす感動のセレモニーです。

 

*ベールアップ(花嫁の前におろしたベールを花婿がベールを上げるセレモニー)

花嫁を守るベールをあげる事は、2人の壁を取り除き花婿である自分がこれから守っていくのだという決意の表れでもあると言われています。また隠し事なく幸せな家庭を築いていきますという意味も込められています。

Dressmoreでは、そんな意味合いも大切に考えオリジナルベールを製作しております。

花嫁を包みこむ素材は優しく柔らかいチュールを使用し、ベールアップやベールダウンがしやすいようフェイスの部分も長めにしております。またフェイス部分を長めにすることにより、トレンドのヘアに合わせてベールの付ける位置も気にせず自由に調整いただけます。

 

長さはショート(Face80cm×90cm)・ミディアム(Face80cm×120cm)・ロング(Face80cm×300cm)の長さがあり、カラーはドレスと合わせやすいように3色ご用意しております。

 

またどんなドレスでもデザインを邪魔することなくご使用いただけるよう、Dressmoreでは無地のベールをおすすめしております。シンプルなチュールの為、もし自分らしいコーディネートをご希望の方はご自身でお好みのレースなどを入れ、アレンジ頂く事も可能な万能のベールです。

 

ベールやグローブの他にも、インポートブランドのイヤリングやヘッドアクセサリーなども取り揃えております。小物にまでこだわった世界に一つの自分らしいコーディネートを私達と一緒に作り上げませんか?

 

ご試着やご相談はお気軽にお電話・DMにてお問い合わせ下さいませ。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 

Dressmore Himeji(ドレスモア姫路)

DressCordinator :Imamura